中小企業がなぜ 「クラウド会計システム」を利用するのか

中小企業がなぜ 「クラウド会計システム」を利用するのか財務会計システム
中小企業がなぜ 「クラウド会計システム」を利用するのか

今回は、 中小企業がなぜ 「クラウド会計システム」を利用するのか について記事にしたいと思います。代表的な例で言うと「弥生会計」というのが良く使われている企業様も多いかと思います

スモールビジネスの業務効率化を目的に開発され、その使い勝手の良さから、個人事業主や中小企業を中心に幅広い業種に展開されています。弥生会計に限って言いますと2021年現在の登録ユーザー数は250万以上。それ以外にも会計ソフトがあり、ERPを活用したりと考えると財務会計の利用社数はどんどん伸びていくと思われます。

この記事では、そんなクラウド財務会計システムの特徴や、中小企業に導入するメリットについて解説します。

クラウド財務会計システムの特徴

「 財務会計システム 」はクラウド型とインストール型で機能が異なります。

クラウド型

インターネットにアクセスするタイプの財務会計システムです。クラウドを利用するので、WindowsでもMacでもお好みのOSを使用できます。銀行口座やクレジットカードなどの取引データを連携することで、仕訳を自動化できるので、経理業務を効率的にすすめたい中小企業に適しています。。

インストール型

パソコンにインストールするタイプの財務会計システムです。使用可能なOSはWindowsのみです。仕訳入力を自動化できるほか、部門管理や経営分析機能も搭載されており、多機能な会計ソフトを利用したい中小企業に適しています。複数台での運用が可能なため、リモートワーク中でもスムーズに作業を行えます。

財務会計システムを中小企業に導入するメリット3選

財務会計が一般的に知りわたり、利用がはじまったのがは1987年ごろといわれています、これは弥生会計が発売以来、会計業務の効率化を徹底的に追求して作られたツールとして有名になったことがきっかけです。中小企業に導入するメリットとして、以下の3つが挙げられます。

会計の知識がなくても簡単に使える

中小企業向けクラウド財務会計システム」は、入力画面がシンプルで見やすく、優れた操作性を持っています。入力者は、取引をプルダウンから選択し、取引日・金額を入力し、登録するだけなので、勘定科目を知らなくても簡単にデイリーの取引を記録することができます。

面倒な預金明細の帳簿付けも、AIが自動仕訳。AIの学習機能によって仕訳の精度がどんどん向上していくので、忙しい中小企業の経理担当者でも、作業時間を大幅に短縮することができます。

入力した情報から、残高試算表や決算書、経営レポートまで自動で出力可能なので、経理初心者にとってやさしい設計の財務会計システムです。

保守から業務まで、日常の困りごとを手厚くサポート

多くのクラウド財務会計システムには、製品保守サービスや業務ヘルプサービスなどが受けられる有償のプランがあります。

製品保守サービスでは、法令改正がある場合に、対応プログラムや手順書をサポート期間中、無償で受け取ることができます。業務ヘルプサービスでは、仕訳相談、消費税改正業務相談、マイナンバー相談などを電話またはメールで相談することが出来る場合もあります

中小企業の場合、経理業務に関するノウハウが蓄積されていないケースが多いため、サポートを受けることで間違った経理処理をするリスクを減らすことができ、安心して業務をすすめることができます。

中小企業の支援に積極的

クラウド財務会計システム 会社では近年、単なるソフトウェアメーカーの枠を超えて、事業コンシェルジュへの進化を始めています。具体的には、中小企業の事業立ち上げ、拡大にあたり直面する様々な課題や悩みに答えるべく、会計事務所紹介サービス、資金調達ナビ、といったサービスの提供があります。

中には、 クラウド財務会計システム会社が厳選した会計事務所の紹介を無料で受けられるサービスです。自社の要望にあった会計事務所のマッチングから、財務会計システムのデータ共有まで、トータルでサービスを受けることが可能です。資金調達ナビとは、補助金・助成金・融資の一括検索や、専門家への相談ができるサービスです。資金繰りに頭を悩ます中小企業の経営者にとっては心強いサービスになるかと思います。

クラウド財務会計システム が目指すのは、中小企業のインフラ的存在

「日本の中小企業、個人事業主、起業家地盤が元気になることが、日本の発展に繋がる」と言われています。今から30年以上前に、中小企業の業務効率化を目指して製作された財務会計システム のは、今では製品サポートから業務支援にいたるまで、中小企業をトータルでサポートする存在に変化しています。もし、クラウド財務会計システムの導入を検討されているのであれば運用、保守、業務相談までの総合的な支援をしてくれる製品をおすすめ致します